カトリック研究会「信仰」「戦争」の歴史をたどる旅

〒011-0937 秋田県秋田市寺内高野10-33

TEL 018-845-4111 FAX 018-845-4222

カトリック研究会「信仰」「戦争」の歴史をたどる旅

本学ならではサークル「カトリック研究会」、通称「カト研」。6月16日(土)に文化・教養の旅と戦争を語り継ぐ学習とを兼ねて、大舘に研修旅行に行ってきました。

最初の目的地は、北鹿ハリストス正教会教会堂。この教会堂は、日本で最古の木造ビザンチン様式の建築で、教会堂自体とその中に展示されている10あまりのイコン(キリストや聖母マリア、聖人、天使の聖画)が県の重要文化財に指定されています。ここで聖なる空間と絵画に包まれ、深い祈りを捧げました。

次に訪れたのは、花岡平和祈念館。読者の皆さんは、大舘の花岡で1945年終戦の数か月前に起こった「花岡事件」を知っていますか。これは、中国人に対する強制連行と彼らへの虐待・虐殺という戦争が招いた悲劇でした。戦争は、必ず敵国人を蔑視、差別し、彼らから搾取し、尊厳と人権そして命を奪います。カト研は、今年の大学祭「ピア祭」で、花岡事件の調査発表・展示を行います。観に来ていただければさいわいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         北鹿ハリストス正教会教会堂                                    花岡平和祈念館  館内の展示                    

 

 

 

 

 

 


TOP