ピア祭バザー

 今年も短大のピア祭に白鳩会(同窓会)も参加し、例年のように「同窓会バザー」と「同窓生の作品展示」を行いました。「同窓会バザー」では、昨年同様「友の会」に依頼し、白鳩会レシピでパウンドケーキとキャロットケーキを作って頂き、販売しました。自分達が作るものとは多少違いはありますが、売れ行きは好調でした。ケーキ作りが出来なくなり、皆で集まってする作業が無く淋しいとの事から始まった手芸の小物作りを、今年も行ないました。「手作り委員会」は、今年も4月から活動を開始し、沢山の小物を作成して下さいました。和布を使った「女性の守り神福ろうブローチ」や「お薬手帳カードケース」等を販売したところ、順調な売れ行きでした。更に今年はクリスマス用品コーナー」を設けて、手作りのクリスマスリースやオーナメントを販売したところ、大変好評でした。来年も又、バザーで売れる安価な気のきいたものを考えたいと思っております。日用品や手作り品、衣類も皆様のご協力により例年同様集まり、本当に有り難く感謝致しております。
 「同窓生の作品展示」は、それぞれの分野で活躍している同窓生の方々の協力を得て、毎年様々な分野の作品を展示しております。今年度は、英語科4期生高橋和子さんの「絵画」,家庭科9期生宮田孝子さんの「端縫いと藍染の作品」,家庭科10期生長谷川綾子先生の「刺繍各種」,家庭科13期生上井登美さんの「パッチワークキルト」,家庭科13期生赤平薫さんの「写真」,英語科20期生戸蒔光子さんの「デッサン」,生活文化科42期生高橋良子さんをはじめとする白鳩カレッジ「ハーダンガーワーク刺繍教室」受講者の作品の展示を行いました。
 今年の目玉であった高橋和子さんの絵画は、作品集「思い出の小径」より5点の展示でしたが、どれも見ごたえのある作品で圧巻でした。宮田さんの作品はいずれも見事で、すべて手作りということもあってお客様の目を引いていました。長谷川先生のタピボン刺繍のタペストリーや上井さんのパッチワークキルトの作品も繊細で手の込んだ素晴らしいものでした。赤平さんの写真や戸蒔さんデッサン,高橋良子さん達の刺繍等が会場に花を添えて下さいました。ピア祭は今年から日曜日一日だけの開催となりましたが、それでも沢山の方々にご協力頂けたことを本当に有り難く思っております。
 来年も今回と同じように素晴らしい展示ができるよう頑張りたいと思っています。
 この「卒業生の作品展示」を始めて、今年で十数年となりますが、本当に継続の大切さを感じさせられます。来年も皆様に喜んで頂けるバザー、作品展にしたいと思っております。是非、ピア祭におでかけください。
(来年のバザーの為に、ご家庭で不要になった日用品や手作りの品等がありましたらご寄付願います。作品展示も推薦したい方等ありましたらご連絡ください。)     

今年も沢山の品物が並びました 「手作り委員会」による手作り品の数々
好評だったクリスマス用品コーナー 小会議室や廊下を利用した衣類売場
高橋和子さんの「絵画」 宮田さんの「端縫い」
長谷川先生の「タピボン刺繍のタペストリー」 上井さんの「パッチワークキルト」
赤平さんの「写真」 戸蒔さんの「デッサン」
「ハーダンガーワーク刺繍」の作品たち 50人分の「まかない」が出来上がりました
 
 後片付けも皆で協力して行いました!