健康栄養専攻

【健康栄養専攻】高大連携授業「高校生のスポーツ栄養学」を開講しました

 平成28年度後期高大連携授業「高校生のスポーツ栄養学」が、本学健康栄養専攻教員により4回シリーズで開講され、秋田県内の高校生26名が受講しました。高大連携授業とは、高校生の皆さんに大学・短期大学の講義を体験してもらうために、大学コンソーシアム秋田が企画した特別授業です。第1講から第2講はカレッジプラザを会場に、栄養学の基礎とスポーツ選手の食事管理について理解を深めました。11月5日に行われた最終講座では、一日に必要なエネルギー量を算出し、それらに見合った昼食の献立作成を行い、本学にてお弁当作りにチャレンジしました。試食では、主食・主菜・副菜・乳製品・果物の配分を確認しながら、献立の評価を行いました。今回の授業で学んだことを、今後の食生活や将来の進路決定の参考にしてほしいと思います。

高校生が調理したお弁当の一例
高校生が調理したお弁当の一例

このページの先頭へ